| 京都府茶協同組合 50年の歩み

昭和24年 11月24日中小企業等組合法施行により、従来の組織変更、京都府茶協同組合が創立。共同仕入(茶)・共同購入(資材)・共同保管(冷蔵倉庫)・共同販売を事業とする。
組合員数160社、出資口数477口、出資金額964,000円
昭和26年宇治若森に冷蔵倉庫竣工、木造75坪1棟。
天皇陛下宇治に行幸。菟道小学校に宇治茶を展示しご覧にいれる。
昭和28年 8月16日南山城地区に水害発生、罹災組合員の被害調査、復旧対策をたて、組合員から義捐金を募集198,000円(76件)を贈る。9月26日台風13号により再び水害あり。
昭和30年初めて組合員余剰茶交換会を開催。
茶祭記念事業として、京都市、大阪市に宣伝カーを回遊して宇治茶の宣伝。綾部茶(両丹茶)販売斡旋所事業開始、入札販売が始められる。
昭和33年メートル法施行、この年の新茶取引より従来の貫匁から、キロ、グラム建目に変更、組合員に計量機を斡旋。
昭和34年京都府茶業協会が改組され、京都府茶業会議所が発足。
宇治茶マークを制定、商標登録。
昭和35年関西茶品評会が京都にて開催。東京にて開催された全国茶品評会に舞妓4人を派遣、宇治茶の見本、パンフレット等を配布。
昭和36年第15回全国茶品評会、全国茶業者大会が京都府で開催。全国緑茶標準小売価格を決定。
昭和38年全国茶商工業協同組合連合会(全茶連)が設立される。
昭和42年第1回在庫茶交換会開催。以降組合事業として定着する。
昭和45年京都府において全国茶品評会が開催され、「宇治茶販売有功者招待会」210名を招待。
万国博「京都の日」(8月2日~8日)に会場で宇治茶の接待。
昭和46年城陽冷蔵庫竣工(5月)敷地2,320 ・建坪1,019.014
昭和49年社団法人 京都府茶取引安定基金協会設立。
昭和53年第32回全国茶品評会が京都で開催。「全国消費地の声を聞く会」開催。
全国各地の専門店を招待。
VTR「宇治茶のできるまで」「宇治茶のおいしいいれかた」を制作。
昭和54年組合創立30周年記念事業として、第1回宇治茶品評会を開催。
茶業センター建設計画始まる。建設予定地を折居国有林に決定。計画に伴い出資金増額を決定。
昭和55年茶業センター建設用地を購入(9月)造成開始(10月)
昭和56年茶業センター竣工(5月)
昭和58年茶業センター冷蔵庫竣工(3月)
昭和61年この年より茶業センター茶園の摘採始まる。
昭和63年組合の機構改正し、副理事長5人体制とする。
平成元年組合創立40周年記念総会開催。組合の事業年度を変更、2月1日より翌年1月31日を事業年度に改める。
緑茶を利用した創作フランス料理の試食発表会を有識者を招き、都ホテルで開催。
平成2年京都府茶業会議所との共催事業として東海道新幹線の「こだま号」で京都・東京間を往復する「宇治茶エキスプレス」を開催。
平成3年5月26日宇治市において開催された第42回全国植樹祭にご臨席された、天皇、皇后両陛下が、地方事情視察のため茶業センターに行幸啓された。
福井理事長を団長として組合員17名による海外市場調査団がインドネシア、シンガポールを訪問。
関東圏の女性100名を招待、茶摘み体験と、スペシャルイベント列車(お茶壷トレイン)で宇治茶キャンペーンを行う。(会議所と共催)
平成4年1月11日より16日まで、中国へ茶業視察団(福井理事長以下19名)を派遣。
全国より女性消費者300名を招待、新茶茶摘み体験とチャーター船による、大阪南港から東京晴海埠頭までの「お茶壺クルージングの旅」を実施。(会議所と共催)
平成5年宇治煎茶ドリンクを製造・販売。
大学茶道部の学生を招待して茶摘み体験と茶香服競技を実施。
平成6年愛知県、京都市、大阪府、兵庫県の茶業組合とタイアップして消費者を招き、宇治新茶茶摘み体験ツアーを催行。
平成9年今期より役員の任期を、従来の3年から2年に定められる。
ほうじ茶缶ドリンクの製造・販売。
平成10年第52回全国お茶まつりが京都で開催され、全国茶品評会では京都府が好成績を納めた。全国の優良宇治茶販売店に京都府知事より感謝状楯を贈呈。
平成11年上林春松理事長以下11名が中国・昆明の園芸博と茶の原産地西双版納を視察。
組合設立以来50周年を迎え、平成12年3月20日都ホテルにて記念式典を開催する。
組合員数は、156社となる。
平成12年関西品評会が京都にて開催される。